低下した記憶力と集中力アップする方法

『低下した記憶力と集中力アップする方法』のサイトトップへ
 >  『記憶力アップ方法』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  記憶力アップ方法の基本

◆集中力と記憶力をまとめてアップしたい方へ

さらに、速読を身につけ、視力もアップしたいなら
このサイトは絶対に見ないでください。

【記憶力アップにより興味のある方へ】

宮口式記憶術で記憶力アップし、長文暗記の天才になる方法を紹介します。

あなたはこの記憶術をどう思うのでしょうか?
私は、記憶力アップに関して言うと、168万円の脳力開発プログラムより優れていると思うのですが。

イメージ処理能力が飛躍的にアップするので集中力も自然とアップします。

【脳を完全に作り変え集中力アップで天才になりたい方へ】

集中力アップでレオナルド・ダ・ヴィンチなみの天才脳を手に入れるCD
を本気で紹介させていただきました。
あなたに向けた大切な集中力アップメッセージです。
もちろん相関性のある記憶力も飛躍的にアップします。

記憶力アップ方法の基本

長期記憶をすることが記憶力アップには欠かせません
その前に短期記憶を鍛えることが必要となります。


長期記憶と短期記憶に振り分ける前の記憶力を高めるのです。
その方法は、常日頃から新しいものに触れる事が重要となります。


日常の中でいろいろなものに触れることで、
脳に刺激がいき記憶力アップしていきます。


普段からいろいろな新しいものに挑戦する癖をつけます。
自然と記憶力がアップしていきます。

記憶力アップの方法は他にも沢山ありますが、
まずはこの基本を実行する事が有効です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『低下した記憶力と集中力アップする方法』関連エントリー

記憶力アップにより、最高の情報を最適なタイミングで想起して、最高の人生を生きる方...
長期記憶をすることが記憶力アップには欠かせません その前に短期記憶を鍛えることが...
記憶力アップの方法を知る前に、 記憶力に関する基礎を学びます。 記憶を短期の記憶...
人間の記憶力は、物事の関連性をどれだけ見出す力があるか、 ということで決まりま...
『記憶力アップ方法の基本』関連エントリー記事

記憶力アップにより、最高の情報を最適なタイミングで想起して、最高の人生を生きる方法。
目次
●日本社会で最も優れた基本の記憶術で記憶力アップ。本質的に頭がよくなる。
●日本社会で最も優れた基本の記憶術に解釈というテクニックを加えて記憶力アップ。
●道順と関連付けて覚える完全テクニックの記憶術で記憶力アップ。
●ふつうは必要ない文章を丸暗記する記憶術テクニック。
「記憶力・集中力アップ、情報分析ノウハウ習得により本質的に頭のよい人間になる方法」
事実と異なる記憶こそがあなたを成功へと導く。
記憶力アップする目的はたくさんあります。そして目的により習得すべき記憶術は異なります。
例として私の記憶力をアップさせる目的をいくつか挙げてみます。
記憶の仕組みを理解して上手に活用することで記憶力アップし独自の記憶術を開発する。
優先度順にすべての物事をインプットし、適時にアウトプットできる記憶力を身につける。
大量の情報をインプットし、物事を具体例をうまく使いながら説明する能力を身につける。
言語学、文学、自然科学、天文学、生物学、予防医学、治療医学、心理学、哲学、法学、政治学、社会学、国際政治学、歴史学、

地理学にも精通して優れた意見をもつようになる。多くの分野の知識を関連させてお互いに生かす。

記憶術により記憶力アップすることが難しくないと知ってもらうためにまずは簡単な記憶術を体験してもらいます。
記憶術の具体例を誰もが知るべき重要な政治経済情報で示す。

外国人名などの未知の単語や意味のわからない言葉だらけの文章を読むときは、
それぞれの単語の意味が深く理解できて快感を覚えるのを楽しみにしながら丸暗記します。
一般の学校教育においては「わからない」ということは「授業についていけない」「テストで悪い点を取る」
「親や先生に怒られる」「クラスメートに馬鹿にされる」ということと結びつきます。
そして、わからないものを見つけるたびに不快感を感じ避けるようになってしまいます。
わからないものをわからないまま記憶することは、理解の快感を得るための第一歩です。
このように考えると知的好奇心が強くなり記憶力がアップします。

関連付けのトレーニングの初期のころは関連付けのルールを論理的に考えて、
一番論理展開の短いものを見つけていきましょう。
学問について語った文章で全体の関連付けルールを学ばせてもらうことも大切です。
そういう文章が見つからなければ自分で学問の体系について考えてみましょう。

記憶力アップをする前に知っておきたいのは、記憶の曖昧さです。
普通の人は、断片的な記憶を今のセルフイメージに都合のよいように再構築します。
このことに無意識でいるとろくなことがありません。
オリジナル記憶術で実践的な記憶力をアップさせる方法。
記憶術で記憶力アップして具体的に何を達成したいかを明確に表明してもらう。

教科書など専用の丸暗記記憶術と日々の重要事項に対する記憶力アップの二つの方法がメイン。
脳の仕組みに基づいて非常に科学的にも説得力のある形で記憶術の信頼性を確立する。
すでに脳内にあるイメージの組み合わせを活用するだけでよいことを教える。
成功するために特に記憶術を使うべき分野を具体的に教える。
理解力を上げることが記憶力のアップに直結している。
理解というのはすでに長期記憶となった知識と結びつけることができるということです。
文字、画像、動画、音、体感覚、感情などより頻繁に使われている記憶とより多く結びつけるほど
記憶が強化され、これをコントロールすることで記憶力アップが可能となります。
抽象度の高い概念の中に分類したり、抽象度の低い概念を分類して記憶することもあります。
強い知的好奇心を持つことで興奮という快感を感じながら記憶するとよく思い出せます。
逆に自分に対するおぞましいほどの被害を連想して恐怖と結びつけてもよく思い出せます。

サイトや書籍で初めて見る複雑な情報を瞬時に理解して記憶する記憶術を確立する。
理解できない部分も文章をそのまま記憶することで理解するまでのスピードをアップする。
動画をみて話し方、身振り、目線などの隠れた記憶を推測するのに役立つ情報も記憶する。

記憶力アップ方法・記憶術の研究を習慣とすることも当然重要です。
場所法、道順法、渡辺式、宮口式、など。
日常生活で接するすべての情報に関して独自の記憶術を使いながら磨く。

あいえうお順に必要な数だけ、いろいろな物事と関連付けられるほど
なじみのあるキャラクターや職業や有名人の頭文字リストを作りましょう。
ふつうはほとんど必要ない文章の丸暗記の記憶術がいつでも使えるようになります。

長期記憶をすることが記憶力アップには欠かせません
その前に短期記憶を鍛えることが必要となります。


長期記憶と短期記憶に振り分ける前の記憶力を高めるのです。
その方法は、常日頃から新しいものに触れる事が重要となります。


日常の中でいろいろなものに触れることで、
脳に刺激がいき記憶力アップしていきます。


普段からいろいろな新しいものに挑戦する癖をつけます。
自然と記憶力がアップしていきます。

記憶力アップの方法は他にも沢山ありますが、
まずはこの基本を実行する事が有効です。


 >   >  『記憶力アップ方法の基本』のページ上部へ↑
 >  『記憶力アップ方法』カテゴリー記事一覧へ
『低下した記憶力と集中力アップする方法』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
厳しく選んだ英語勉強方法 集中力アップと記憶力アップと英語勉強方法の関係とは。
カテゴリーをチェック
最近の記事
コメントありがとう!
キーワードランキング
『低下する記憶力アップと集中力アップ方法』の関連キーワードをリストアップ! 人気のキーワードはこれ
記憶力関連ベスト5!
1位 記憶力 低下
2位 記憶力 アップ
3位 記憶力 集中力
4位 記憶力 向上
5位 記憶力 方法
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO
サイトマップラス
Powered by SEO対策